読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラーのデビュー軌跡全公開

2017年4月開始。陸マイラーのデビューの仕方をリアルタイムで全公開。

はじめに準備すること(初級編)その1

陸マイラーの基本おさらい

 

まずは、陸マイラーの基本をおさらい。

 

飛行機に乗らずにたくさんマイルを貯めるには、

ポイントサイトでポイントを貯め、

これをANAマイルに交換することになります。

 

通称「ソラチカルート」

f:id:tamayox:20170413153703j:plain

 

ポイントサイトや中継サイトには、たくさんの種類があり、

将来的に多くのポイントを継続的に稼いでいくには、

いろいろ登録が必要な気がしますが、

まずは稼ぎ始めることがいちばん大事。

 

ということで、まずは最低限の装備として、

上の表にあるルートを、確保しようと思います。

 

 

陸マイラーに必ず必要なもの

 

上の図のソラチカルートを開通させるためには、

 

・ポイントサイト

・ポイントをメトロポイントに替える中継サイト

・メトロポイントをANAマイルに替えるための「ソラチカカード」

 

が、必要です。

 

ということは、やるべきことは

①ソラチカカードを作る

②ポイントサイトに登録する

③中継サイトに登録する

 

の、3つ。単純ですね。

 

順を追って解説していきます。

 

【必須準備その1】ソラチカカードを作る

 

陸マイラーが必ず装備しなければならないのは、

せっかくポイントサイトで貯めたポイントを、高いレートでマイルに交換できる、

通称「ソラチカルート」。

 

このソラチカルートを使うためには、

通称「ソラチカカード  -ANA To Me CARD PASMO-」が必要です。

 

これを持っていないと、メトロポイント⇒ANAマイル(交換レート0.9倍)という、

黄金のルートが開通しません。

陸マイラーデビューには必須です。

 

クレジットカードの作成はポイントサイトでポイントを稼ぐ王道案件ですが、

ソラチカカードは残念ながらどこのポイントサイトにも載っていない案件。

(そんなことしなくても、作る人がたくさんいる、ということでしょう。)

 

普通に申し込んで作ります。

⇓下記から申込ページへ飛べます⇓ 

f:id:tamayox:20170413162410j:plain

 

普通にカードを作るわけなので、申込から数日~数週間かかるはず。

というわけでまずはソラチカカードの申し込みをするのが、

正しい陸マイラーデビューの準備かと。

 

私は、2017年4月11日にWebから申込完了。

2017年4月12日 審査完了のメール受領。

今、カードが届くのを待っています。

 

 

【必須準備その2】ポイントサイトに登録する

 

続いて、ポイントを稼がないと話にならないので、

ポイントサイトの登録は必須です。

 

ポイントサイト、と呼ばれるサイトは世にたくさんありますが、

陸マイラー的におススメなものは、いくつかに絞られる模様。

 まずは初級編として、ハピタスちょびリッチを登録します。

いきなり2つは面倒、ということならひとまずハピタスから。

 

私は初心者に使いやすそうなの2つ、

ということで両方登録しました。

 

 

ハピタスは、案件多し。

 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

まずはハピタス。

どこのブログでもおススメされていますが、

ハピタスは、普段買い物で使っているようなサイトが、

だいたい網羅されている感じです。

楽天、Yahoo、など。

 

いつもの買い物をするときに、ハピタスを経由してから買い物すれば、

それだけでポイントが貯まります。

 

私はちょうど使い捨てのコンタクトが無くなったので買う予定だったのですが、

昨日ハピタスに登録してすぐ、コンタクトレンズの広告を探してみたら、

いつも使っているサイトがありました。

 

f:id:tamayox:20170413170817p:plain

 

この、右側の「ポイントを貯める」をクリックしてサイトに飛び、

そこからいつも通りに買い物するだけで、3%ポイントが貯まってしまうという。

 

ポイントは通帳に記載されて、一定期間が経つと反映されます。

f:id:tamayox:20170413170821p:plain

 

4/12 メアシス 411pt  

もう通帳に載っていますね。

 

約30日後には、411pt(369マイル相当)が、

いつものコンタクトを買っただけなのに、手に入ります。

 

しかも、カードのポイントや各お買い物サイトで貯まるポイントとは別に。

ポイントサイト、すごいわ。。。。

 

さらに、ハピタスのいいところ。

本を買うだけで7%のポイントバックがあること!

f:id:tamayox:20170413182320p:plain

 

日頃本を買う人なら、ここから買うだけで7%貯まっていきます。

送料無料だし、ハピタスで貯めたポイントでも購入でき、

ポイント購入でも7%ポイントが返ってくるという優れものすぎるシステム。

 

さらにさらに、何かの手違いでポイントが付かなかった場合の、

「お買い物あんしん保証」というのがついていること。

ちゃんと経由して買ったのにポイントがつかない…というときは、

この保証を使うとポイントをつけてくれるそうです。

 

ハピタス、スキがなさすぎる。

 

しいて欠点を上げるなら、

ポイントの交換上限が月30,000ptなので、

これを超えて現金やマイルに変えられないことと、

モニター案件(のちほど、ちょびリッチで詳しく解説します)がないことが弱点。

 

でも、陸マイラー初心者としてはまずは月に20,000ptが目標ですから、

30,000ptの上限は関係ないし、

日頃のお買い物等はコツコツ、

ハピタスを経由しておくといつのまにか意外と貯まると思います。

 

⇓ここから登録すると30ptもらえます⇓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 

つづいて、ちょびリッチ

 サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ 

 

ハピタス最強なんだから、

とりあえずポイントサイトはひとつで、というのもアリだと思いますが、

月18,000マイルをコンスタントに目指すには、

ちょびリッチもあったほうが楽に進められそうです。

 

なぜなら、ちょびリッチは、

・クレジットカードの案件が多く、ポイントが高い

・ハピタスにはないモニター案件がある(個人的に超重要)

 

クレジットカードの発行はポイントが高いので、

陸マイラーの鉄板ポイント獲得案件です。

これが豊富でポイントも高いというのは、

はじめたばかりの人にはうれしい。

(ハピタスにも、全然あるにはあります。)

 

クレジットカード発行は、たしかにポイントが高いですが、

多重発行してると信用情報に履歴が残ります。

私は自分で事業をやっていて、

いざというときのために信用情報はきれいな方がいいので、

個人的にはあまり手を出せない案件。

(とは言っても、時期を見てポイントが高いもの何件かはやる予定。) 

 

そうすると、ハピタスにはない最大の魅力は、「モニター案件」。

これです。

 

モニターは、外食でお店で飲食したり、商品を買って使ってみたりして、

アンケート等を提出することで、

使ったお金の一部(から全部)が、

ポイントで返ってくる、というもの。

 

f:id:tamayox:20170413190112p:plain

 

例えば、かっぱ寿司十日町店で飲食したら、

上限はありますが食べた分が100%ポイントで返ってくるとか。

 

寿司食べたい、って言って食べたら全額ポイントになるって、

超よくないですか。

 

例えば上記のかっぱ寿司なら、

2,000pt(900マイル相当)が、お寿司食べてもらえてしまうという。。

 

例がかっぱ寿司だったから単価低いですが、

居酒屋とか焼肉とか、おしゃれなイタリアンとか、

結構豊富に登録されています。

 

先日、私は焼肉モニター行ってきました。

f:id:tamayox:20170413190751p:plain

よく行く店がモニターに載ってて、

早速トライですよ。

昨日、アンケートと料理の写真を提出したので、

いま回答待ちですが、

確認が終わったら、8,000pt(4,000円相当、マイルにして3,600マイル相当!)

が入るはず。

 

あ、言うのがおそくなりましたが、

ハピタスのポイントは1pt=1円、

ちょびリッチは、1pt=0.5円  の価値です。

 

いつもの店で焼肉食べて3,600マイル貯まるって。。。

やっぱりポイントサイト最高。

 

そして、これがあるから、

ハピタスに加えてちょびリッチも登録必須な訳です。

 

⇓まだの方はこちら⇓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

※登録した月に1ptでもゲットすると、500ptのボーナスが付きます。

登録したら、広告をクリックするだけで1ptもらえるやつがあるので、

忘れずに1pt獲得して、ボーナスポイントもらいましょう。

 

 

ひとまず、ポイントサイトを登録しておけば、

ポイントを稼ぎ始められるし、

ソラチカカードも申し込みました。

長くなってきたので、今日はここまで。

 

続きの準備は、明日またアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイルの貯め方

陸マイラーを知らずに生きていた1週間前までの私は、

マイルを貯める方法は、

 

 ①飛行機に乗って貯める

 ②クレジットカードを使って貯める

 

だけだと思っていました。

もちろんこの2つでマイルは貯まるのですが、2つとも、限界があります。

 

出張少な目の人は飛行機でマイルは貯まらない

 

まずは ①飛行機で貯める について。

 

月に何度も出張がある出張族ならまだしも、

いくら旅好きとはいえ私が飛行機に乗るのは良くても年に10回。

しかも格安航空券で最も安く乗るわけなので航空会社はバラバラ。

 

もちろん、乗った時には忘れずにマイル積算するとしても、

これでは、飛行機に乗っているだけでは大してマイルは貯まりません。

 

 

カード決済で貯めるにも限界あるよね

 

つづいて、 ②クレジットカードを使って貯める について。

 

クレジットカードをマイルの貯まりやすいものにして、

どんどんカード決済すればマイルはたしかに貯まります。

陸マイラー始める前の私は、

下の記事で書いた通り、ほとんどこれだけで、

ヨーロッパ往復ビジネスクラスのチケットをJALマイルでゲットしました。 

tamayox.hatenablog.com

 

しかしながら、これで貯まるのは、

自分がクレジットカードで決済できる範疇に限られます。

経費も含めてめっちゃカードを切ってる私も、

 良い月で5,000マイルが限界。

カード決済で貯まるマイルは侮れませんが、

これだけでは、月18,000マイルなんて雲の上です。

 

 

ヒミツはポイントサイトにあった

 

 

陸マイラーの人たちがどうやって月18,000マイル超を稼ぎだしているのか。

そのヒミツはポイントサイトにありました。

 

ポイントサイトとは、

登録されている広告等を通していろんなサービスを利用することで、

現金やマイルに交換できるポイントが貯まるサイトのこと。

ハピタスちょびリッチなどが有名どころです。

 

 この、ポイントサイトで貯めたポイントを、

交換レートがよい「ソラチカルート」を使って、

ANAマイルに変えて貯めていくのが陸マイラーの王道。

 

f:id:tamayox:20170413153703j:plain

 

間に「ドットマネー」と「メトロポイント」を挟んでいて、

一見めんどくさく、ややこしく見えますが、

これを挟むことによって、驚異の0.9倍という交換レートが実現します。

 

陸マイラーの貯めるマイルは月18,000マイル超、って言っているのは、

メトロポイントをANAマイルに交換する上限が、

月20,000ポイント(18,000マイル分)までだからです。

 

他のルート(メトロポイントの代わりにTポイントを通して交換する等)を使えば、

もっと交換できますが、レートが格段に下がるので、

初心者マイラーとしては、まずはこのソラチカルートの上限いっぱいまで、

貯めるのを目指そうと思います。

 

まとめ

マイルを貯めるには、

 

 ①飛行機に乗って貯める

 ②クレジットカード決済で貯める

 ③ポイントサイトで貯める

 

の3つを駆使するのが、どうやら王道らしい。

 

 

 

 

 

 

陸マイラーはじめました。

はじめまして。

2017年4月、陸マイラーをはじめましたチムニーです。

 

そもそも私が陸マイラーってものをちゃんと知ったのは1週間前。笑

たった1週間なのに始めたくなるほど魅力的なのが陸マイラー

私が始めたきっかけと、陸マイラーって何なのかをまずは簡単にご説明しようかと。

 

きっかけはJALマイル

上手くマイルを貯められてると思っていたあの頃(つい1週間前までのこと)

 

そもそも私は旅行好きで、年に国内2-3回、海外2回以上行くことが多く、

飛行機はわりと乗る方です。

が、いつも、その時に一番安い航空会社で取っているので、

フライトでのマイルは大して貯まりません。

 

でも、たまに飛行機にタダで乗れるっていいよねと、

フライト以外で貯まるマイルを、JALで貯めていました。

 

JALだった理由は、

クレジットカードでJALのマイルが溜まりやすいカードと、

ちょうど使っていたから。

 

JALマイルをためるきっかけになったそのカードは、

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス。

このカード、年会費2万円(年間200万以上使っていると1万円)で、

コンシェルジュサービスも空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスもついて、

JALのマイルは還元率1%(100円使うと1マイル)で貯められる優れもの。

 

私は個人事業主で、

経費決済をこのセゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスで行っていました。

 

さらに、これに合わせ個人利用のクレジットカードもJALカードを使い、

こちらも還元率1%でどんどん決済。

両方を合わせると月に20万~50万くらいはカード決済があり、

月に2~5,000マイル自動的に貯まっていく仕組みができていました。

 

「何もせずマイルが貯まって、なんて嬉しいの。なんて賢いの私。」

と、思ってました。1週間前までは。

 

貯まったマイルでビジネスでヨーロッパに行ける!がきっかけに。

 

途中、ちょこちょこ短距離のエコノミー特典航空券に使ったりもしつつ、

こんな感じで貯めていたJALマイルが3年くらいで85,000マイルに到達。

ディスカウントマイルキャンペーンで、

85,000マイルでビジネスクラスでヨーロッパに行けることに気付いたのが、

そもそも今回の陸マイラーデビューの始まりでした。

 

今まで、特典航空券ってエコノミーしか交換したことがなかった私。

マイルを使うとヨーロッパ往復ビジネスもタダで行けてしまうのか、

とテンションが上がりまくりました。

 

ビジネスクラスは、私は何回かしか乗ったことがないのですが、

やっぱりフライトの疲れが全然違います。

ヨーロッパはエコノミーでしか行ったことがないのですが、

正直、エコノミーで15時間とか、フライトの疲れは半端ない。

それがビジネスならフルフラットシートで快適に熟睡して行けるわけですから、

長距離フライトが苦手な私にはうれしい限り。

 

単純にビジネスクラスだとチケット買ったら50万はする、

というお得感もテンションを上げさせまくりました。

今まで交換していたエコノミーは、ソウル行きとか上海行きとか、

2万から5万くらいで買えちゃうチケットばかりだったので。

 

これはやばい。マイルはやっぱり貯めたほうが得だ。

と、今更ながらに思った訳です。

 

そして、3年かかって貯めたマイルで今回ビジネスに乗っても、

また次に乗れるのは3年後…もうちょっと早くマイル貯まらないのかな…

と、思っていろいろ調べ始めたのです。

そして、気づいたのです。

ANAマイルを陸で貯めまくる陸マイラーたちの存在に。

 

そもそも、陸マイラーとは何なのか

それは陸でマイルを貯める人々のこと。

 

陸マイラー

それは月に18,000マイル以上ものマイルを、

コンスタントに貯めまくっている人々のこと。

 

月に18,000…1週間前の私にしたら驚異的な数字。

 

奇しくも、3年かけてこつこつ貯めた、

ANAマイルの現在残高が、18,794マイル。

 

ハワイ行ったり、シンガポール行ったり、韓国行ったりして貯めたこの分が、

飛行機にも乗らず1ヶ月で貯まる……??

それがどうやら陸マイラーという人々なのです。

 

陸マイラーは半年かからずに、

ヨーロッパにビジネスで往復できるマイルが貯まる。。。

 

もうこれは始めるしかないと、

千鳥ヶ淵の満開の桜の下、

私は陸マイラーデビューを決意したのです。つい一週間前に。

 

 

陸マイラーJALじゃなくANAマイルを貯める

 

陸マイラーが貯めているのは大体みんなANAマイル。

それはまた改めて説明する陸マイラー必須のマイル交換レートがあるから。

ここは、私のようなこれから始める初心者陸マイラーには絶対です。

 

私は今まで、ANAマイルややこしくて避けて生きてきました。笑

 

ANAは同じカードでも手数料を払うと還元率が2倍になったり、

カードのラインナップが多かったりして、ややこしかった。

JALカードにも手数料払うと還元率が上がるものがありますが、ANAのほうがややこしく見えるのはなぜなのだろう)

 

それに、特典航空券の必要マイルが時期によって違うとか、

ANAスカイコインが何なのかよくわからないとか、

慣れている人には大したことない話ですが、

理解するのに時間がかかり、ずっと避けていました。

 

しかし、陸マイラーデビューを決意し、

ANAマイルにも徐々に詳しくなってきた私。

 その辺の解説も徐々に入れていきます。

 

陸マイラーとして駆け出したばかりの私のクレジットカードは、

完全にJAL寄りラインナップではありますが、

このマイナス状態から月18,000マイルごえを目指し、

スタートです。